検索

「己に勝つ」

空手を習い始めたのは、お兄ちゃんのえいきょうです。空手ではどんなことをするかわからなかったけど、空手の練習の日に、道衣を着て毎回楽しそうに道場に行く姿を見て、少しきょう味をもちました。

初めて見学に行った時は、みんなの気合いの声にビックリしました。

みんなが型をする姿は、とてもかっこよかったのを覚えています。

私は、3才の頃からダンスを習っていたので、じゅうなんには自信がありました。

「体がやわらかいね」って本部長にほめてもらった時はうれしかったです。

そして、お兄ちゃんと同じように、毎週の練習時間が楽しみになり、早く色々な型を覚えたいと思うようになりました。

私は、ダンスと空手の二つを頑張るつもりだったけど、いつからか、空手の方が楽しくなって、ダンスの自主練をしなくなり、レッスンが嫌になり、辞めてしまいました。

もっとわたしに、頑張る強い気持ちがあれば良かったのかもしれないけど、途中でなげだしてしまいました。

だからその分、私は空手を一生けん命がんばることに決め、今度は自分に負けないと約束しました。

空手の試合で、きんちょうしてしまい、いつものような型がうてず、くやしい思いをして、泣いた時もありました。たけど、そのくやしさをバネに練習をがんばりました。

疲れて休みたい日もあったけど、自分に負けず練習してきました。

そして、きんちょうはしてもあがらずに型がうてるようになると、結果がついてくるようになり、自分に自信がつきました。

わたしは、気持ちに打ち勝つ強い精神力が持てる人間になりたいです。

何をするにも、大切なのは気持ちだと学びました。

練習に来ても、うまくなるんだ!っていう気持ちで練習しないとうまくならないこと。ただ練習するだけなら家でも出来るけど、わたしは強くなりたい、上手くなりたいから、道場にきて本部長の指どうを受けています。

本部長の言う通りに練習したら、必ずうまくなれることを知っているからです。

これからも自分に負けず、頑張って練習していきたいです。

わたしは、みんなのお手本

になれるような黒帯になりたいです。

わたしは、空手で身につけた技だけではなく、精神的に強くなって、立派な人間になります。

最新記事

すべて表示