top of page
検索

型の必要性と醍醐味

型というのは相手がいません。組手は相手がいてやりやすいですが、型は相手がいないなかで、どう相手がいるように見せられるかが重要だと思います。

私は十一年間空手をしていますが、最初の頃はただ型を覚えてうつだけでした。

その時は本当に空手が楽しくなくてずっと「やりたくない」と思っていました。

あの時は多分まだ自分から上手くなりたいと思って練習していなかったからかもしれません。でも、いまは違います。それは多分、自分から上手くなりたいと思って練習してその結果がちゃんと出るということを知ることができたからだと思います。

型は練習していればそれなりの結果が出ます。逆に練習していなければできていたことができなくなります。単純ですがそれがまた楽しいところだと思います。

型には十人いれば十通りの教科書があると本部長が言われていました。

十通りの教科書があるということは一人一人に違う特徴があるということだと思います。その一人一人の良いところを試合などで見て勉強して、その後の練習に活かすことができます。

組手を上手くなるにはまず型からと聞いたことがあります。型の基本がなければ組手も上手くできないと思います。型はその中にある一つ一つの技がいろんな風に組み合わさって出来ているので、いろんな場面での敵の倒し方などがあると思います。

それを本当に襲われたときなどに使えるかと言われれば、今の私にはできないと思いますが、先生ぐらいになっていければ、いずれ私も焦ることなく出来るようになれたらいいなと思っています。

だから、型をうって練習するときに相手を思い浮かべながらすることが大切だと思います。でも、私はそれができていません。最近の姉の型を見ていても自分のとはまるで勢いが違います。目標が姉とは言いませんが、目標にたどり着くにはまず、姉のような型をうてるように頑張ります。


最新記事

すべて表示

初段に合格して

練習で教えてもらったことがなかなかできない僕に、本部長は何度でも、手取り足取り教えてくださいました。 先輩に組み手の相手をしていただきました。 そのおかげで、今回の昇段審査で合格することができましま。 今回の経験をもとに、自分のように悩んでいる後輩に的確なアドバイスを行い、 次の世代に繋げていくのが目標です。 改めて先生方や先輩方、ご指導ありがとうございました。 近藤琉生

初段に合格して

私は4歳から空手を始めて、12歳で初段に合格することができました。 しかし、初段に受かったからと気をゆるめるのではなく「ここからがスタートなのだ」という気持ちで空手を続けていきたいです。そして自分の目標を達成させるため、初段に合格する前の練習よりも一段階レベルを上げて練習に取り組んでいこうと思います。 これからも本部長のもとで型や組手を練習し、目標を達成させたいです。 河本 龍緒

初段に合格して

僕は5歳から空手を始めて先日初段に合格することができました。 何度も総本山の審査で失敗したけれども、本部長は自分にわかりやすく一つ一つ指導してくれたおかげで合格できました。 また先輩たちも練習に付き合ってくれました。 今後は後輩たちに本部長が自分に教えてくれたように分かりやすく教えていければと思います。 高見真輔

Commentaires


bottom of page