会員専用活動報告

演武会に出演して

​令和元年岡山地区本部演武会 12月15日

DSC00325.JPG

演武会に参加しました。型は鎮東を7人でやりました。

初めはなかなか息が合わなかったけど、何度も何度も練習したので本番はうまくいきよかったです。
いろんな人に練習の成果をみてもらえてうれしかったです。
他のチームがやっていた、型を打ちながら板を割るというのがとてもかっこよかったです。

いろんな演武がみれていろいろ挑戦したくなりました。
ひびき教室 太田悠晴

KSTN0016 (1).JPG
DSC05532.JPG

演武会にひびきチームで参加しました。
型のちん東は練習の時はぜんぜんピッタリときれいに合わなかったけど、本番ではみんなにおくれないようにれんづきのところをピシピシと打つようにがんばりました。気をつけてがんばったのでみんなときれいにそろうことができたと思います。
試割りは初めての挑戦だったので割れるか心配だったけど、成功してとてもうれしかったです。
友達や学校の先生が観に来てくれて少しきんちょうしたけどがんばりました。終わって、「かっこよかったよ!」など言われたのでとてもうれしかったです。
ひびき教室  太田莉々奈

演武会にすばる教室で演武をした。
ぼくはちん東をする時に友達となかなか合っていなかったけど、練習を重ねて本番で合って良かった。次に南光の中で試割りをした。練習では全ての板を割る事が出来たのに、本番では1枚割る事が出来なくてとても悔しかった。中段を蹴るのに上段へ蹴ってしまった。練習不足なので、来年こそは全て一発で割れるように練習をもっと頑張りたい。
ぼくは中学生が瓦を割っているところを見て、「ぼくもあんな風に黒帯になって瓦を割ってみたい」と思った。
すばる教室 渡邉史温

DSC00540.JPG
DSC05352.JPG
DSC05466.JPG
DSC05499.JPG
DSC05411.JPG

私にとって演武会は、空手に入って初めてでした。
どんな所でするのかも知らなかったので、ずっとドキドキしていました。
最初ステージを見た時結構広くて「ここでするんだぁ〜」と思っていました。私がするのは、基本とアーナンクーでした。

演武会に向けてアーナンクーを中心に練習しました。最初先生から「しこがわるい」と言われてしこを意識しやりました。そして初めての演武会が始まりました。他のグループを見ていると1つ1つの技が上手で早く追いつきたいなぁと思いました。

私がすごいなぁと思ったのが瓦を割っているグループがとても心に残りました。そして演武会が盛り上がっている時のぞみ教室の出番が来ました。ずっとドキドキしていて、ずっと緊張ていました。ステージに上がり基本をやった後私が中心的に練習したアーナンクーが始まりました。

1つも間違えることもなく終わることができました。終わった後先生にしこよかったよと言われてとても嬉しかったです。私は、演武会を通してもっともっと空手を上手になりたいと思いました。次の演武会では、カッコいい姿を見せてみんなにすごいね〜と言ってもらえるようになりたいです。
藤原 梨吏

 今年の演武会は教室の人数で時間が決められていて、その時間の中で自分たちがやりたい型や試割を考えて練習しました。
曲や順番もりえ先生とみんなで決めて始めた練習でしたが、やっていく途中で何回も変更をしながら最初から最後まで完成させました。
演武会の練習は楽しくて大好きですが、本部長とりえ先生から初段に受かるような鎮東をうつように言われました。たくさん練習をしたので本番は、ぼくもきらめきのみんなも成功しました。
納会では紙コップタワーのゲームをしました。ぼくはタイムがとてもおそかったです。とても楽しかったです。中学生以上の人と本部長がやっていたスリッパ卓球も楽しそうだったのでぼくもしてみたかったです。ありがとうございました。
きらめき 和気おとや

演武会に向けて南光の息を合わせることを工夫しました。当日はちょっと緊張しました。でも自分が練習してきたのが出せて良かったです。来年は、今年できなかった試割りをしてみたいです。

 みらい教室 森中笙一朗

 ぼくは、演武会でみらい教室のメンバーとして練習を頑張ってきたけど、インフルエンザで当日は出られず、とても悔しくて悲しかったです。
 練習は半月くらい、動画を撮って振り返ったり、フォーメーションをどう変えたら良いか、型を打つ時は誰に合わせるかをみんなで相談しながら決めていきました。特に半月は、友達と息を合わせること、四股、前屈、引き手、そして視線を落とさないように先生に指導を受け取り組みました。
 演武会のビデオをこの間見せてもらいましたが、みらいのみんなも、他の教室のみんなも一人ひとりが自分が演武できる時間を大切にして、これまでの努力や経験を生かしているのが伝わってきました。
来年は出られると嬉しいなと思います。

みらい教室 近藤琉生

はじめての演武会に参加しました。
習い始めてもうすぐで1年です。
心ぞうがバクバクして、それが自分でもわかりました。
練習の時はわたしだけが少しおくれたり、早かったりして、みんなと合っていませんでした。
だけど本番の時は、五人がピッタリと合ってたよって言われてうれしかったです。
今は水色おびだけど、もっともっとかたの練習をしてうまくなりたいです。
これからもがんばります。

問屋町教室
近藤ゆあ

昇段審査に合格して

​令和元年第3回昇段審査会

DSC05593.JPG

黒帯になって

私は小学2年生になってすぐ空手を始めました。毎週、道場へ練習に行くのがとても楽しかったです。4年半経った今もその気持ちは変わっていません。

今年の3月から昇段審査を受けるようになりました。1回目と2回目の審査の時は、とても緊張して気合いは小さく、鎮東もうまくうてませんでした。3回目の今回は、必ず黒帯になるという強い気持ちで審査を受けました。先生から教えてもらったことを直前まで何度も練習しました。緊張はしましたが、落ち着いた気持ちで審査を受けることができました。

ずっと一緒に練習してきた岡山支部のみんなから黒帯おめでとうと言ってもらえて、本当にうれしかったです。

指導してくださった先生、本当にありがとうございました。

これから型も組手ももっと練習して、極めていきたいと思います。

釆本 志温

DSC05617.JPG

黒帯になって

僕は初段に受かる為に約一年間、足の裏の皮が何回も剥ける程、鎮東を何度も練習し審査に備えてきました。
当日は、初めて受けた昇段審査だったので、どんな雰囲気なのかもわからず、失敗しないか、合格できるかなど色々心配しながら会場に向かいました。
だけど、会場に着いて先生方に挨拶をして回っていると「頑張れよ」と声を掛けてくださる先生も居て、少し緊張が和らぎ自信を持って審査を受ける事が出来ました。
審査が終わり帰る時に、審査をして下さった先生に「布佑重、良かったで」と言ってもらえてとても嬉しかったです。
その日は一日、合否発表をドキドキしながら待っていました。合格の文字を見た時には「よっしゃゃー‼︎」と思わず叫んでしまう程嬉しかったです。
五年生から空手を始め、念願の黒帯になった今、その色に恥じぬ様、型も組手も、もっともっと上手くなってみんなの手本となり、先生の教え通り立派な人間になれるようにしていきたいです。

谷本布佑重

 

吉備小学校ふれあい祭りに出演しました

​2019/10/26

DSC04864
press to zoom
DSC04862
press to zoom
DSC04870
press to zoom
DSC04867
press to zoom
DSC04857
press to zoom
DSC04877
press to zoom
DSC04879
press to zoom
DSC04874
press to zoom
DSC04856
press to zoom
1/1

吉備ふれあい祭りに出演しました

吉備小学校区の滴水會舘の拳士たちが空手を披露しました

​かっこよく演武が出来たようです

写真の様子から盛り上がった雰囲気が伝わります

 

大野小学校ふれあいの会に出演して

​2019/10/26

DSC00605
press to zoom
DSC00612
press to zoom
DSC00621
press to zoom
DSC00624
press to zoom
DSC00625
press to zoom
DSC00620
press to zoom
DSC00687
press to zoom
DSC00699
press to zoom
DSC00607
press to zoom
1/1

大野地域ふれあいの会に出て

僕は、型で半月が好きです。
今回、ふれあいの会でみんなに半月を見てもらえてうれしかったです。
終わってから学校の友達のお母さんたちに「かっこ良かったよ!すごいね。」と言ってもらえてうれしかったです。
もっと、大野小のみんなにも空手のすばらしさを知ってもらいたいな、と思いました。
  高見真輔

みんなと四こづきから組手をやるのが、わくわかしたりドキドキしてたのしかったです。
しんちゃんと組手をして、学校の友だちやおきゃくさんが、はく手をいっぱいしてくれて、うれしかったです。
しゅうとくんのいたわりもすごかったです。

河本 龍緒
 

私は人前に出るのが嫌いです。
試合も演武会も本当は出たくありません。
緊張するからです。
ふれあいの会も最初は出ないと言っていました。
でも、木曜日の練習の時にリハーサルをやってみてすごく楽しかったから出てみようかなと思いました。
本番は弟もいたし、いつも一緒に練習している友達もいたから緊張したけど、

いつも通りに出来て良かったです。

𠮷田 若菜

令和元年宗師特技講習会受講しました

第5回滴水會舘吉備の国空手道選手権大会に出場して

​2019/09/29

吉備の国の大会にて

ぼくは、空手をはじめて三年です。今回の大会は、個人戦の型試合では、

一回戦で負けてしまったけれど、チーム戦では、はじめて優勝することができました。とてもうれしかったです。優勝できたのは、いつも一緒に練習をしている友達と協力して、がんばれたからだと思います。これからも練習をがんばって、黒帯を目指します。
小学四年生 藤原翔真

吉備の国試合感想文

初めての吉備の国の試合だったのでとても緊張しました。個人戦の型の試合で、1試合目は緊張のあまり上手く出来なかったかもと思ったけど、勝ち進んでいくうちに緊張も解け、5回戦目で負けた時には本当に悔しかったです。団体戦では仲良しの友達と一緒だったので心強かったです。絶対勝ちたいと思い、三人で練習しました。そして優勝することが出来て本当に嬉しかったです。

組手の試合は、初めてだったので怖かったです。これから組手をもっと練習していきたいと思います。
石田清隼

「吉備の国の大会に出て」

型と組手の個人戦は負けたけど、型のチーム戦では優勝しました。決勝戦に出たときは、緊張したけれど、野山や決勝戦に出る前まで友達と練習したから、優勝することができたと思います。これからも練習をがんばります。
常光 裕陽

演武の様子

第4回滴水會舘全日本空手道選手権大会に出場して

​2019/09/15

DSC00033-ANIMATION.gif
DSC00004-ANIMATION.gif
DSC00024-ANIMATION.gif

1.気合いを大きく言う。→気合いで負けたから
2.四股、前屈を頑張る→四股と前屈が出来ていなくて負けたから
3.引き手を最後まで引く→試合では引けてなかったと思う
4.四股の膝を足の中指に向ける→試合の時していなかったから
5.倒す相手がいる方向を見る→自分の手を見ていた
6.背中をピンとする→背中が曲がっていたから
7.気を抜かずににやる→気合いが少し抜けていた
8.一つ一つ丁寧にする→丁寧さが足りなかった
9.受けの手をきちんとする→できていなかった
10.前屈の方向に気をつける→間違えてしまった為

亀岡蓮

1.気合いがなかった
2.四股ができていない
3.緊張して声が出てこなかった

亀岡凛

客観的に見て気付いた事→どの型試合でも静と動がしっかり別れていると見栄えがいい。組手はまだやった事が無いので何とも…
他の支部の方は普段から気合いを出して練習しているのが初見でもわかった。岡山支部は練習の為の練習なのかな?「試合でちゃんとやればいいや」感があって、気迫負けしていた。特に上級・段の方に多く見られた。
これはいい報告ではないですが、ゲームを持ち込んで自分の試合が終わると柱の影に隠れてゲームに群がる男の子達の姿が6〜7人見えた。注意はしたが、暫く続けていたので残念です。指導者の前だけちゃんとやればいいわけではない。小学生中・高学年とお見受けしました。

亀岡遥香

全日本に出場して

僕はこの大会で優勝する事よりも、灘崎支部のライバルに勝つ事が目標でした。
ここ最近の大会で二連敗していて、いつも準優勝でした。
流石に3連敗をしてはいけないと、ライバルとの今までの試合を見て自分の悪い所や相手の癖を研究し先生から教えて頂いた事をきちんと試合で出せるように練習して大会に挑みました。
型では残念ながら札幌の選手に3対1で負けました。全力を出し切ったつもりだったけど、旗が上がらなかったので、めっちゃ悔しかったです。
組手は第1シードだったので試合数が少なくて残念でした。
一回戦目は技有りが取れず判定で勝ちました。そして2回戦目は、この試合の目標であったライバルでした。いつも、蹴りを見切られて足を払われて負けるので、今回は突きから入っての技で戦うように意識しました。
先生から教えてもらった前蹴りで距離を取りつつ、突きで入って回し蹴りで技有りが取れてました。技有り二本で勝てなかったのが悔しかったです。次の大会でまたリベンジ宣言されたので、次ももっと練習して色々な技が上手くならないといけないなと思いました。

谷本 布佑重

第4回全日本空手道選手権大会に出場して

3月に初めて出た大会は、2回戦で負けてしまったので、今回は南光までする事が目標でした。
緊張せずにできましたが、また2回戦で負けてしまいました。
帰ってビデオを見たら、2回戦で当たった人より四股も弱くて、キレも良くなかったです。とても悔しくなりました。
次の試合で同じようにならない為に、四股と前屈をしっかりするのと、
本部長に言われた、蹴りの時に膝をピンと伸ばせるように練習を頑張ります。
中務 柚葵

型の部は一回戦で負けてしまいましたが、組手の部は決勝戦まで残ることできて勝つことができ優勝できました。
今回の試合では練習で習ったいろんな技を使えたのと落ちついて試合が出来たのがよかったと思います。初めての優勝だったのでとてもうれしかったです。
次の試合では型もいい成績が残せるようにしっかり練習したいと思います。
ひびき  太田悠晴

型の部で準優勝できました。はじめて決勝戦までいくことができてとてもうれしかったです。でも負けたのでくやしです。すっごくきんちょうしました。

きんちょうせずに自信を持って型が打てるようにたくさん練習しないといけないなと思いました。
組手の試合は今回もぜったいに優勝するぞ!とがんばりましたが、負けてしまいました。すっごくくやしかったです。もっともっと練習して次は優勝します。
ひびき  太田莉々奈

『試合は、頑張ったし良くできたと思いました。
負けた原因は、普段の練習をいい加減にしているから!と、言われたので、練習の時も気をぬかないで頑張っていきたいです。』

山下順也
 

第5回防具付全日本空手道選手権大会に出場して

​2019/07/28

DSC_3495.JPG